旅行

2007年9月14日 (金)

韓国ー②チャングム号に乗ってきました。

P9070133 2日目はNHKTV「チャングムの誓い」のテーマパークに行ってきました。チャングムとチョンホさまがお出迎え。 チャングムの仮装が出来ます。当然……医女チャングムです。\(^o^)/\(^o^)/

 

↓スラッカンです。

撮影所は想像していたよりずっと狭くて このセP9070173_2ットでよくあれだけのドラマが撮れたなーーとびっくり。同じセットを後ろから撮ったり横P9070127_3から撮ったりで 全然別の場所に見えます

P9070126 「チャングムの誓い」を見た人ならば解る(笑)スラッカンの柱の上の あ れ (笑)(^^)(笑)

P9070158_3

見ていた人にはわかる(見てなかった方m(__)m)チャングム&ハン尚宮さまやグミョン&チェ尚宮さまが次々に投獄された牢屋。 

Photo これも見た人なら解る(笑)拷問椅子。私が座るとマッサージチェアみたいですね。 両脇にある棒は拷問用の樫の木です。この固い拷問棒で痩せるツボを押してもらいたい~~。

この後 ツアーは 新羅免税店と東大門の漢方のお店や漢方の市場に行きますが、免税店は い ら ん … (^^) 漢方のお店は 説明されても関心がないので地下のスーパーで買い物してました。チョッカラスッカラ(韓国式スプーンとお箸)5組くださいと身振り手振りで話すjapaneseアジュンマと 一生懸命捜してくれるkoriaアジョッシー。お互い必死です。結局一組しかない事がわかり 顔を見合わせ思わず「アイゴー」(笑)。次はツアーじゃなく行きたい所だけピックアップしたい。

| | コメント (5)

2007年9月12日 (水)

韓国ー①扶余に行ってきました。

韓国ドラマ薯童謡(ソドンヨ)に嵌りにはまってしまっい、ついに韓国扶余(百済の都があったところ)まで行ってしまいました。そして本当にラッキーなことに ツアーガイドさんが 古代朝鮮について専門的な勉強をしている方でした。どんな質問にも的確な説明が帰ってきます。このガイドさんのおかげで非常に充実した百済訪問になりました。

Photo_3    

① 国立扶余博物館

館内は撮影禁止ですが扶余博物館についての素晴らしいサイトを見つけました。コ邪馬台国研究会のHP 扶余博物館 

古代、陸路よりも水路回路が古代人の流通経路だったことを思えば 古代朝鮮と日本とは 民間レベルでも九州と本州くらいの濃い繋がりがあったことは用意に想像できます。言葉も同じ膠着語を使うウラルアルタイ語族同士。遠い昔 朝鮮と日本は親戚付き合いをしてたと想像しても あながち間違いじゃないような。

Kudarano_tabi133_2 

扶余博物館に展示されてい七支刀。同じものが奈良の石上神社にも収められています。石上斎宮が祭祀の時に使う神聖な刀です。

もし百済が滅亡しなかったら、百済頭脳集団は日本に渡ることはなく、奈良の大仏も正倉院も作る事も非常に困難だった筈。当時の百済の技術の高さに驚くばかりです。でも私が何をいっても↓のHPに言いたいことはすべて書いてあります。興味のある方 是非是非見てください。

邪馬台国研究会のHP 扶余博物館

② 宋山里古墳群・武寧王陵

ソドンヨの主人公のモデルになった王様です。古墳を最初に発見したのは在韓日本人教師だとそうです(byガイドさん)

P9060084

博物館では 発見当時のままの展示があります。棺は日本のヒノキが使われています。日本から献上したものでしょうか。

詳しくは↓を是非是非みてください。発見当時のリアルな映像もあります。邪馬台国大研究会のHPはとても分かりやすく詳細です。

邪馬台国大研究会HP 宋山里古墳群・武寧王陵

日本書紀によると 武寧王は 九州筑紫の各羅島でうまれたので「島君」とも呼ばれています。また桓武天皇の生母は武寧王の子孫とも言われています。民間レベルでも王室レベルでも日本と朝鮮の深い繋がりが伺えます。武寧王については「日本書紀・雄略天皇」に記載されています。

雄略天皇って確か「こもよ みこもち ふくしもよ みぶくし持ち、この丘に菜摘ます子、家聞かな 名乗らさね」の歌を残した天皇だったと思うんだけど(調べろよ、自分!)古文の時間に習ったのをうっすら思い出しています。「こも」も「ふくし」も菜を摘む道具で「み」は修飾の接頭語、「家を聞く」というのは 結婚の申し込み(妻問い婚)、「名を名乗る」のは結婚の承諾と教わりました。雄略天皇は野原に野草を積みに来ていた若い女性に一目ぼれしたわけですね。この問答歌のおかげで、おおらかで、雄大で果敢な天皇のイメージが焼きついてしまっていました。ここで雄略天皇の名前を見るなんて 昔憧れた部活の先輩に再会したみたいです(^^)

つづ5( 金)宋山里

続きを読む "韓国ー①扶余に行ってきました。"

| | コメント (0)

2007年1月13日 (土)

おまけ・勝浦の朝市

P1010054_1

勝浦の朝市。魚に野菜、干し柿 干し芋、わらびもち。なかには庭に咲いてる水仙を、とりあえず並べてみました~(笑)みたいなおじいさんもいた。

P1010058

家に着くまで蟹が逃げてしまいそう。

P1010055_1

朝市に似合わないセレブなワンコ。

朝市犬はやっぱり雑種じゃなきゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月10日 (水)

房総半島ローカル線縦断

P1010060_2

昨年12月に大原から 五井まで みなと鉄道・小湊鉄道を乗り継いで房総半島縦断してきました。ローカル単線、のんびり晩秋の旅。

P1010061_2

途中、日本で一番紅葉が遅い養老渓谷へ。

人出がすごい。写真は滝を真上から。

P1010081_1

観光地より やっぱり、のんびりローカル単線の旅がいい(^^)

P1010082_3 大銀杏。

秋も もう終わりかな。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年6月10日 (土)

京都食い倒れ スイーツ編

710101_000000_81

おなじみ「おたべ」蕨餅入り。喉越しが良くて夏向き。餡にイチゴだのチョコだのありますがオーソドックスに餡子。黒ゴマも美味しい。あっという間に家族が食べた。

710101_000000_74

あじゃり餅。歩きながら食べます、京都のお菓子の中では2番目に好きです。

710101_000000_82 羊羹・月影

地域限定についつい手が伸びた。

胡桃入り。薄く切って、渋いお茶と一緒に。

710101_000000_71

竹水羊羹・家族が完食。

お母さんも食べたかったのに~

食べ物の恨みは怖いからね!!

Photo_119

出町柳の豆大福。

いっぱい並んでました。

美味しかったよ~

Photo_120 おなじみ雲竜。大好物で。

うふうふ、しあわせ。

   

Sanjo_1 番外 よーじやのカプチーノ。

飲み損ねました~!

よーじやのカプチーノはまたチャレンジだわ。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006年6月 9日 (金)

京都食い倒れ③ 御所~銀閣寺・哲学の小径

710101_000000_26 たん熊朝粥。

主婦が朝お粥を食べようと思うと、うんと早起きが必要。朝起きたらお粥に小鉢が一杯。天国ね~。葛かけもいいけど ここはすっきりお粥だけ。二日酔いの胃にも優しい。

710101_000000_38 ホテルから御所を抜けて今出川へ。

事前に申し込むと内覧できます。

私たちは時間の関係でパス。残念。

710101_000000_09

銀閣寺から、哲学の小径へ。

かつてこの疎水べりに住んでいました。

710101_000000_10 当時住んでいたアパートがまだあった!!

ここから疎水べりを自転車で走っていた。哲学の哲学の小径は私にとって生活道路だったんですよ。今思えばすごく贅沢で優雅ですね。

710101_000000_86 同窓会はホテル中華飯店で。挨拶やお喋りに忙しく画像ナシ。海鮮コースです。どれ食べても ウマイ!!

←修行中のお坊さんが、塀を乗り越えて食べに行くほど美味しいスープ。薬膳スープは一壷万単位らしいが、こちらは大ぶりな鮑と茸。美味しゅうございます。画像がなくて残念だけど、四川なのに辛すぎずめっちゃウマです。一回食べてください。

710101_000000_68_2 デザート・めっちゃうまマンゴプリン。友人が残したのでありがたくいただきました。

私たちのテーブルは食いしん坊が集まっていたのでお料理はすべて完食。隣のテーブルは大皿の半分が残っているではありませんか。となりのテーブルのお嬢様たちは、小食なのね~。あの美味しいホタテ、カニ、前菜の野菜、ぜ~んぶゴミ箱行きです。非常に心が痛みました。そういえば女子寮時代に ゴミ箱に捨てるならにゃんころりんの胃袋にと言われておりました。それでもジーンズは25(!)インチだったんだよね。はぁぁぁ~(遠い目)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都食い倒れ②木屋町蕪屋創作懐石

せっかく6月の京都、手頃な値段でハモを食べたい、手頃な値段で懐石が食べたい、しかも夜(ランチは安いけどね)しかも祇園界隈で、しかも美味しくなくちゃイヤ!!

主婦はほんとに怖いもの知らず。主婦の野望は果てしなく続きます。

祇園なら芋棒やおめん四条店もあるけど、今回は木屋町蕪屋創作懐石料理3990円。

HPプリントして10%OFF。またしても大当たり~!

060418_200832_02

先附・豆腐の味噌漬け

無花果生ハム乗っかってます。

豆腐大好き。美味しゅうございます。

060418_201200

御造り 鮪、鯛。

京都とお刺身ってあんまり結びつかなかったけど

京阪神には明石があったんだ。

御造りは蛸でもよかったな~でも美味!

Photo_47

御椀・加茂茄子餡かけ

出た!加茂茄子。京野菜大好き~野菜嫌いの友人の分もいただく。好き嫌いの多い友人は持つべし!

060418_202635_02

御凌ぎ・蕎麦の実とろろ。

ぷちぷちぷち。

蕎麦嫌いも、蕎麦アレルギーもいない。

誰も残さないわね。

060418_204249_02

焼き物

鮎の風干しハーブ焼き

まさか鴨川の鮎?吉野川の鮎?王朝貴族にとって鮎はご馳走でした。

Photo_48

小鉢

冷たいt茶碗蒸し。

じゅんさいが乗っています。みどろが池のじゅんさい?まさかね ^^;

Photo_49

替皿

水無月仕立てのチャンプルチャンプルって炒め物じゃないの?これなんだろう?

Photo_50

鱧のマリネ。

鱧大好き。少し時期が早かった.。祇園祭のニュースを聞くと鱧が食べたくなる。湯引きして 冷たいお澄ましにして食べたいな~

Photo_51

五目素麺。

何も言わなくても関西風の薄味で出てくる。

うれしいな~

デザートに蕨餅のクレープが出ました。う~ん ちょっとね~。すっきり蕨餅だけにして欲しいわ。できたら濃茶でね。

主婦の贅沢って これだけ小鉢が次から次へと出てきても、後で山のような小皿、小鉢を洗わないで済むことです(^^ )。いくら食器洗浄機があっても 洗う事考えたら美味しさ半減。

6年ぶりに 食べるわ飲むは喋るは、一瞬で学生時代のお嬢ちゃんに戻りますね。ほろ酔い加減でカラオケ行って、ホテルに戻ってまだお喋り。同窓会は明日なのにね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 8日 (木)

京都食い倒れ① 清水寺~八坂神社・祇園

京都一日目の昼食は 「順正 清水支店」の豆腐料理か 銀閣寺「おめん」と決めていたけど、朝6時半に家を出た私たち、京都駅に着いたらめっちゃお腹空いた。「なんでもえーから食べよ」という友人。私もハラペコ。暑いし、冷やし中華が食べたい。ということで、京都駅ビル京都拉麺小路「宝屋」へ。

060418_134243_02

冷やし中華ゴマたれ。大当たり~!!

実はゴマタレ苦手なんですがこれは うまい!!

酸味が強くて ゴマたれにありがちな甘みがないです。麺も細くてタレとよくからむし、麺の下に氷が敷いてあって食べ終わるまでひんやり冷たいのもGood。お代わりしたいよ~。が ここはぐっと堪える。だって今日一日あれもこれもあんなんもこんなんも、ぜ~んぶ食べるんだもんね。京都にいる間だけでも胃袋が4つくらい欲しい!

お腹も落ち着いた事だし、206のバスに乗り 清水寺のある五条坂へ。五条坂から清水さんの道は修学旅行生でごった返す。

060418_145032_1  す、すごい!!

  お土産やさんで財布発見。修学旅行生のものだ。お店の人に届ける。今頃必死で探してるだろうなあ可哀そう~。

東山区駅近くのお勧めコースは「銀閣寺~哲学の小径~南禅寺・蹴上を抜けて青蓮院~白川の疎水べり~八坂神社石段下。」でも今回は大阪奈良からの友人と携帯で連絡しあって合流という事なので清水寺から三寧坂二寧坂を抜けて八坂・長楽館あたりで落ち合うようにコースを決める。

060418_163132_02

参道から一歩抜けると静かな通り。

高台院・秀吉の妻ねねの隠居所

Photo_46

三寧坂のネコたち

←クリックしてぜひぜひ大きい画像で見てね!

060418_160805_02

よーじややイノダコーヒーがありました。

ラッキー。四条本店まで行かなくてすむわ。

あぶらとり紙買いましたた。

060418_163754_02 待ち合わせの長楽館。円山公園。

衣笠山の堂本印象美術館と長楽館は

京都に住んでいた頃から お気に入り。

百万遍の進々堂もよく行ったっけ。

今出川のほんやら洞はどうなってるかな~。

060418_165631_02

長楽館では 例によってチョコパフェ、ケーキのスイーツだらけでしたがあまりの量に掲載割愛!大人のチョコパフェ。銀座マルコニーニのパフェ、圧勝。その後、蹴上の友人宅にて都ホテルスペシャルスイーツ食べ比べ。あまりの量に掲載割愛。

060418_182558_02 八坂神社と石段。

ここから祇園や木屋町、

四条川原町に続く。

なつかしゅうございます~

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)