ネイチャー

2008年4月25日 (金)

運河土手の野草

R0013079 野チシャ。チシャはレタスですから 当然食べられます。

R0013099 関東たんぽぽ。額が反り返っていません。おひたし、天ぷらにて食す。

R0013105 トウダイグサ。食に向きません

R0013122クコ 赤い実は くこ酒にします。葉は天ぷらに。

R0013110_2 野アザミ。若い葉を天ぷらで頂きました。花はサラダに。

土手一面の ジロボウエンゴサク

| | コメント (0)

マニアックな自然察会ー野草を食す

R0013142 R0013149_2     

運河土手で摘んだ野草(左) 野萱草、クコ、烏の豌豆のおひたし(右)

R0013148_2 野蒜を揚げています。

R0013154_2 椿の花びらも天ぷらにしました。

| | コメント (0)

2008年4月20日 (日)

羽村草花丘陵

R0012981 「草花丘陵」の名前に惹かれて行って来ました。丘陵とはいえ歩きでのあるコースでした。名前の通りたくさんの花が咲いていました。

R0012986

前日の暴風雨が嘘のような青空。雨上がりの新緑がまぶしい。同行の、ウルトラ植物博士IGのおかげで充実したハイキングでした。(なのに…リコちゃん不調で いい写真が取れなかった。というより私の腕に問題ありかも)

R0013024 チゴユリが道沿いに群生していました。

R0013035 ツボスミレ(たぶん) 

R0013045

群生してました。

R0013030

オトコヨウゾメ

R0013006_2 ジロボウエンゴサク

ウワミズザウラ コゴメウツギ 二厘草 セリバヒエンソウ タチツボスミレ ムラサキケマン 白ケマン etc etc。 ほんとにいいコースでした。

R0013055 羽村チューリップ祭り。

やはり野に置け蓮華草

| | コメント (0)

2008年4月18日 (金)

早春の花々

いつも素晴らしい花の写真をおくってくれる 花ともだちSBJMさんから早春の花々の画像をおくってもらっていました。2月3月はとても忙しくブログを放置したので時期がずれてしまいました。スミマセンPhoto_7 

節分草(白い花)と福寿草(黄色い花)

先週までワタシのPCの壁紙でした。

Photo_8 バイカオーレン。梅に似た小さな花。今週はこれが壁紙

Photo_9 蝋梅。触感も蝋のようです。精密な彫刻のよう。

Photo_11 シナマンサク

早春の頃、かすかな春の気配に誘われ山を歩くと、地面で小さな花々が咲き始めています。鮮やかな黄色の木の花も目に付きます。気持ちばかり逸って 花にあえないこともあるけれど 木々の華やかさが春への期待を繋いでくれます。SBJMssi いつもありがとうございますm(__)m

| | コメント (0)

広沢寺弁天岩クライミング

Photo_3  左地図の予定で鐘が岳までハイキングの予定でしたが指示都合(笑)により急遽広沢寺弁天岩クライミングに変更。

Photo_2 

Photo_2 写真撮るの忘れました。←は厚木市の画像です。

自己ビレイの出来ないワタシはしっかり確保してもらいます。初心者用の右のコースは中年女性グループの講習会やってます。ワタシも会話にいれてもらって、オバサン同士で和気藹々。5年ぶりのクライミング、最初はこわごわだけど、けっこう体が覚えてる。岩目が見えてくると 気分爽快。もう止まりませんわ~。クライムダウンも楽しいな~。お師匠様が疲れるまで登ってしまいました。(でもハーネスがぎりぎり… でダイエットするより大きいハーネス買い替えのほうが早い…)

P4090153 広沢寺近くの湧き水。車で汲みに来ていました。

P4090155 ヨゴレネコノメ。もうちょっとマシな名前を付けられないものか…

P4090148 こちらは ただのネコノメ(多分)。地味ですね。

P4090158

桜の幹に咲いているタチツボスミレ

P4090160_2

UP。

この日は 接写専門リコちゃんではなく望遠専門タッキーを持ってきたので あまりいい花の写真が取れませんでした。

4/9(水)

| | コメント (0)

2008年4月 6日 (日)

もも酔い

4月5日(土)ももバスに乗って蟻城山に登ってきました。前回は 満開で甲府盆地一面がピンくの絨毯でしたが 残念ながら今年釈迦堂あたりは5分咲きでした。

P4050139 もも畑から見た蜂城山

P4050100

もも もも

P4050097

桜と桃の共演 クリックしてみてね。

P4050128

山頂から見える南アルプス

P4050135_2 もも畑で見つけた桃の挿し木。高さ20センチ。ちゃんと桃の花がついてます。

Photo_21 オマケ 去年の桃の花。満開です。

| | コメント (0)

2007年12月14日 (金)

高尾山茶店グルメー①影信山

9日(日曜日)とても天気が良かったので影信山~高尾山ミニ縦走してきました。別名茶店コース。

R0012591_5     影信山山頂。小屋は人人人。

R0012592 影信小屋名物 なめこ味噌汁とキノコの天ぷら。なめこ汁はゆずと茗荷入りでめちゃうま。天ぷらもキノコの味が濃い。

R0012595 小屋前で売ってる茸。、自然薯やゆずもありました。買ってかえりたいけど後2時間くらい歩くし、重いし(;_;)/~~~

R0012596 お餅つきしてました。美味しそうな匂いにつられて見物してると お雑煮食べませんか?って声をかけてもらった!!やったー!

(ヨダレたらしそうな顔でみてたのかしら^^;)

R0012600 つき立てのお餅入りお雑煮です。ダシが効いていて絶品でした。うまうま~。@@山の会の皆さんありがとう。

続く。

| | コメント (0)

2007年11月25日 (日)

マニアックな植物観察会・冬芽②桂・楓・ヒマラヤ杉の実

R0012452 桂の冬芽です。バナナみたいですね。二股に分かれています。冬芽どおり、桂の木は必ず枝が二股に分かれて伸びます。

R0012453 冬芽はゆっくり開いてゆきます。今にも弾けそうですが 実はゆっくりと時を待っています。この後強風が吹くと一気に実が弾けます。そしてくるくると回転しながら 風に乗って遠くへ飛んでゆきます。桂の親木の足元に落ちても生存確率は低いですからね。植物を見ていると自然の知恵の賢さにうならずにはいられません。桂の葉っぱは綿菓子みたいな匂いがします。

R0012448 必ず二股に分かれている桂の梢。

R0012456 楓の実です。蝶のような羽は二つに分かれて桂と同じくくるくると飛びす。上に舞い上がって飛ぶこともあります。桂は種そのものに羽がついていますが 楓はタネを抱えた実に羽がついています。なんでだろ(・・?

R0012466 ヒマラヤ杉の実です。右上が実です。これもやはり強風が吹けば松ぼっくりから剥がれて ふわふわと飛んでゆきます。観察会では事前に採取した実を飛ばしました。風に吹かれてくるくる回って飛んでゆく姿は実に愛らしく可憐です。

| | コメント (2)

マニアックな植物観察解・冬芽①ムラサキシキブ・シロダモ・ムク

Photo_4 ムラサキシキブの冬芽には 冬を越す為 両手を合わせたように葉が張り合わさっています。冬芽を守る為の鎧です。冬を越すと自然に剥がれて落ちます。いじらしい姿です。画像はしらいわせんせいの植物教室からお借りしました。小学生の為のWEB図鑑です。先生の子供に対する愛情が伝わってくる優しい図鑑です。なんちゃって植物愛好家ワタシはわからないことがあるといつもここで調べたり画像をお借りしたりしています。。

R0012433 シロダモは同じ木に花と実が同時につきます。実は昨年のもの。今咲いている黄色い花は来年赤い実になります。葉は裏が白くて蝋の成分が含まれているのでつるつるです。くすのきの仲間なので 葉を揉むと樟脳の匂いがします。月桂樹 肉桂も同じ種類です。あ~ いい匂い。ニッキの匂いです。柄から伸びる3本のくっきりした葉脈が葉の特徴です。

R0012441 ムクの実です。甘くて美味しい。鳥も食べますが 人も食べます。干しぶどうみたいですね。葉は一番下の葉脈から支脈が出ています。

R0012440

| | コメント (0)

2007年11月18日 (日)

鎌倉アルプス

R0012496 鎌倉天国ハイキングコースを歩いてきました。通称「鎌倉アルプス」日本一標高の低いアルプスです。建長寺から登ります。拝観料300円也

R0012497 鎌倉アルプス最大の難所、登り始めの階段です(^^)右は烏天狗の群れ。さすが禅寺。

R0012498 標高159メートル。鎌倉アルプスのピーク・大平山です。大きな声ではいえませんが この先にゴルフ場クラブハウスがあり、駐車場に車が止まっています。ここまで車で上がって柵を乗り越えたら鎌倉アルプスのピーク^^;^^;^^;^^; クラブハウス前で昼食。画像はありませんが ちくわ、かに蒲鉾、チーズの自家製燻製をご馳走になりました。桜のスモークが効いています。うまうま~

R0012499 市街地。天気は最高でしたが残念ながら伊豆や富士山は見えませんでした。

大安の鶴岡八幡宮に続く。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧