« マニアックな植物観察解・冬芽①ムラサキシキブ・シロダモ・ムク | トップページ | ありがとう、さよなら  »

2007年11月25日 (日)

マニアックな植物観察会・冬芽②桂・楓・ヒマラヤ杉の実

R0012452 桂の冬芽です。バナナみたいですね。二股に分かれています。冬芽どおり、桂の木は必ず枝が二股に分かれて伸びます。

R0012453 冬芽はゆっくり開いてゆきます。今にも弾けそうですが 実はゆっくりと時を待っています。この後強風が吹くと一気に実が弾けます。そしてくるくると回転しながら 風に乗って遠くへ飛んでゆきます。桂の親木の足元に落ちても生存確率は低いですからね。植物を見ていると自然の知恵の賢さにうならずにはいられません。桂の葉っぱは綿菓子みたいな匂いがします。

R0012448 必ず二股に分かれている桂の梢。

R0012456 楓の実です。蝶のような羽は二つに分かれて桂と同じくくるくると飛びす。上に舞い上がって飛ぶこともあります。桂は種そのものに羽がついていますが 楓はタネを抱えた実に羽がついています。なんでだろ(・・?

R0012466 ヒマラヤ杉の実です。右上が実です。これもやはり強風が吹けば松ぼっくりから剥がれて ふわふわと飛んでゆきます。観察会では事前に採取した実を飛ばしました。風に吹かれてくるくる回って飛んでゆく姿は実に愛らしく可憐です。

|

« マニアックな植物観察解・冬芽①ムラサキシキブ・シロダモ・ムク | トップページ | ありがとう、さよなら  »

コメント

きゃ~!本当にマニアック!
桂の冬芽っておもしろいですね。
ナメクジみたい。きゃあ、きゃあ!
でもこのあと、開いて風が吹くと、実がはじけて飛んでゆく・・・
自然ってよくできてるなあって、感心しました。
プロペラみたいに回りながら、飛んでゆくのもありますね。

投稿: めーにゃん | 2007年11月27日 (火) 22時10分

めーにゃんさん こにゃにゃちわ

ナメクジと言われてみれば^^;^^;
自然はしたたかで 中途半端な風だと
開いても飛ばないんですよ^^;
すっごく強い風が吹くと一揆に開きます。
種として生き延びる知恵は強烈です。
アッシーメッシーをアゴで使ってる美女も自然と勝負したら負けます^^;
と熱く語る私もマニアックな人だわ~

投稿: にゃんころりん | 2007年11月28日 (水) 21時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マニアックな植物観察解・冬芽①ムラサキシキブ・シロダモ・ムク | トップページ | ありがとう、さよなら  »