« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

2007年8月31日 (金)

夏の桜塚みーこちゃんー①

夏の間みーこちゃんはエアコンなしの我が家から逃げ出していました。   

P1010001_6

避暑中のみーこちゃん

P1010126_5 午前10時、すでに測定不能(この日熊谷は38度)  みーこちゃん いきなり give up。↓

P1010004_3

ぐったり。

| | コメント (4)

2007年8月30日 (木)

涸沢ー③ 秋の花

穂高は 花の山ではありません。ガレの続く岩山です。今回は花よりも山の雄大な姿がメイン。だから花の写真はちょっとしかありません。山はすっかり秋の花でした。

R0012113 秋の初めのノコンギク

R0012160 山の飛行船。黄釣船

R0012119 シラヤマキク

Photo タケシマランの実

R0012193

ミゾゾバが咲いていました。夏の終わり、秋の始り。ななかまどは まだ色づいていません。次は紅葉の10月ですね。

| | コメント (0)

涸沢②

P1010038 横尾から 蝶が岳登山口へ。1時間も登ると 槍穂高が手に取るように間近に見えるところがあります。その名も「槍見台」

P1010035 槍がくっきり。望遠タッキーの調子が悪くて、リコちゃんで撮影。

P1010033 実は北穂山荘が見えます。

かえすがえすもタッキー不調が無念。

| | コメント (0)

2007年8月25日 (土)

お知らせ (=∵=)

来週火曜日まで PC見られません。

コメントおそくなってしまいます。

すみませんm(__)m

(=∵=) (=∵=) (=∵=) (=∵=) (=∵=)

| | コメント (0)

2007年8月24日 (金)

美ヶ原のマツムシソウー④がんばれタッキー!

オリンパスタッキーはどうも花の撮影が苦手です。接写2cmって書いてあったけど実際は10cmくらいです。望遠は光学ズームを使うと画像は荒くなりますが、遠くの山の頂がはっきり見えます。(たぶん10倍くらい)タッキーは山、りこちゃんは花で、使い分けですね。

R0011819

タッキーで撮ったシャジン。ヒメシャシンなのかな~(・・?

R0011847

めしべの長さを見ると 姫シャジンみたいな気がしますが…(調べろよ、じぶん!)

R0011864_3

  タッキーで撮影したヨツバヒヨドリ。これが限界です。がんばれタッキー!!

今週末 奥穂高・涸沢隊に同行します。お供をタッキー(山)にするか、リコちゃん(花)にするか。悩みどころです。

| | コメント (0)

2007年8月23日 (木)

美ヶ原のマツムシソウー③

Rimg0150 ミヤマオダマキ

空が真っ青です。

Rimg0155 ハハコグサ。広角レンズを外したリコちゃん大活躍。

Rimg0121 シシウドかな~(・・?

ハナウドかな~(・・?

Rimg0104 キンコウカ(たぶん)

Rimg0105 マツムシソウ UP

以上リコちゃんで接写しました。

次はタッキーです。

| | コメント (2)

美ヶ原のマツムシソウー②

R0011947 マツムシソウとチダケサシ(たぶん)

Rimg0074 咲き始めのウツボ草

Rimg0085 これは 何の花でしょう?ひよどりかな (・・?

Rimg0093 コウリンカ(たぶん)接写専門リコちゃんに広角レンズを付けてみました。ボケました。

たぶんというのは その時は図鑑で確認したのに 今はうろ覚えの花です。もう一度調べろよ、じぶん!!

Rimg0131 (たぶん)ハクサンフウロ。

草原一面に咲いていました。

 

| | コメント (0)

2007年8月19日 (日)

美ヶ原のマツムシソウ -①

R0011909_2 学生時代 山から下りると必ず美ヶ原の山本小屋に泊まり(周遊券はバスもタダ)小屋の前に座って、終日一面のマツムシソウを眺めてていました。今回は時期が早いのでマツムシソウではなく一面のフウロでした。

Rimg0086 好天に恵まれ、槍の穂先がくっきり見えます。上田を5時出発した甲斐があって、白馬三山~穂高連邦、富士山 八ヶ岳まで360度の展望でした。クリックして大きい画像で見てね。

Rimg0076 塩クレ場の牛。ピアスしてました.

P1010110_2  懐かしい山本小屋。往時のままです。

P1010084 フウロ。野アザミと吾亦紅。マツムシソウはちらほら。

| | コメント (4)

高峰山と刀屋の蕎麦

P1010026                   

高峰高原の高峰山は歩行時間1時間半、人はいなくて静かだし、高山植物が多く、浅間山や黒斑山がくっきり見えます。黒斑山や籠の登、水の塔山のような登り応えはないけれど花の写真撮ったり図鑑で調べたり、お昼ねしたり、いろいろ楽しめる山です。

P1010030 高峰高原ホテル裏が登山口。ウスユキ草がお出迎え。クリックして大きい画像で見てね

 

                   

R0011866_4  山頂です。お弁当食べてお昼寝。  下山後、上田市の蕎麦所「刀屋」へ。

P1010047味噌をカツオだしで溶く「真田蕎麦・小」を注文。画像ではわかりにくいけど物凄いボリュームです。小なのに…

                    

        P1010046            蕎麦茶寒天。甘味は強いけど、まろやかで後引く美味しさでした。家で作ってみました。白砂糖を使ったので角の強い甘さになってしまった…(;_;)/~~~

美ヶ原のマツムシソウに続く。

続きを読む "高峰山と刀屋の蕎麦"

| | コメント (6)

2007年8月 7日 (火)

ユンソクホドラマコンサートの動画がUPされていました

ユン・ソクホドラマコンサート動画が アジアンスターサイトにUPされていました。

オープニングのオーケストラの演奏から始まります。

そう、こんな感じだった…。ジーンと蘇ってきます(^^)

↓ リンクが不安定なのでURLを貼り付けました。クリックしてね。

http://asian-star.jp/special/news_0803/01.html

開始早々プラネタ&瀬川某氏の「クレメンタイ」を聞くことが出来ます。

| | コメント (4)

2007年8月 6日 (月)

御岳ロックガーデンとレンゲショウマ

Rimg0045_2   

御岳山のレンゲショウマをみてきました。まだ2分咲き程度です。

Rimg0021

東京都下の奥入瀬。御岳ロックガーデン。涼しくて 生き返えります。

Rimg0002

オマケの蜻蛉

Rimg0051_4 

Rimg0046

| | コメント (2)

2007年8月 4日 (土)

生プラネタの歌声を聴いた!!

とても幸運な偶然で プラネタの生歌声&生姿を舞台で見ることが出来ました。

Image_2 

隠れ韓ドラーなワタシ、チケットが当たった友達に誘ってもらって「ユン・ソクホ ドラマコンサート」にいってきました。韓ドラに関しては 外部の方(笑)は色々揶揄が多いと思います。実は私もそうでした(^^)。ヨンさまって気持ち悪いし、韓ドラに群がるおばさんて杉良太郎の追っかけおばさんといっしょで なんともねーー。って。ちょっと揶揄。

でも 実際見てみると ユンソクホ監督の「四季シリーズ」は映像の美しさ(「春のワルツはやりすぎだけど(笑))音楽性の高さは誰もが認めるもの。そしてブームになりだけあって とにかくよく出来たドラマです。私は子供の頃からテレビが苦手でTVドラマを見る習慣がなく、以前骨折した時に友達に進められ、半分バカにしながら見たら、いやーーとんでもなく面白い展開でブログ作るほどはまり込んでしまいました。

前置きが長くなりましたが、チケット入手困難なこのドラマコンサートのために炎天下、東京国際ファーラムまで出かけました。そこで 物凄く幸運な事にそのコンサートにプラネタが!

監修:ユン・ソクホ(監督)
出演:ソ・ドヨン(俳優)
   ダニエル・ヘニー(俳優)NEW!!!
   ハン・ソイ(子役)NEW!!!
   キム・ヘスク(女優)
   イ・ハンウィ(俳優)
   クォン・ヘヒョ(俳優)
   イ・ジス(ピアニスト)
   エスジン(歌手)
   チョン・インホ(歌手)
   ソ・ジニョン(歌手)   チョン・イルヨン(歌手)
   Zero(歌手)NEW!!!
   川瀬幹比虎(テノール歌手)NEW!!! 他
指揮:ボブ佐久間
演奏:フォーシーズンズ・オーケストラ

席は すごい!2階SS席一番前。さえぎるものは何もない!オーケストラの組曲四季の演奏に合わせてスクリーンには四季の名場面がながれます。

 

そして2曲目に 「イッチマ」が。

冬ソナ24話の中で2回しか流されなかったマイナーな曲ですが、この曲を最初に聞いた時から 心を揺すぶられ、鷲づかみにされました。その隠れた名曲を歌っているのは 白いドレスの女性4人。綺麗な声、あれ、アンサンブルプラネタみたい。でも完璧な韓国語だし、まさかね。メイクもそれふうだし。でも透明すぎるソプラノが被さった途端、あーーープラネタだーー、間違いないい!でもなぜここに?と慌ててパンフをみる。テノール歌手川瀬某氏の名前はあるけどプラネタの名前はない。でも司会者が「アンサンブルプラネタ」と確かに言った。

最近のマイブームアンサンブルプラネタ。う~ん 急遽出演が決まったのかしら?初めて聴くプラネタの生声が私の心の歌「イッチマ」とは!!この幸運、この幸せ、天にも昇るってこのことなのね~。この後の「春のワルツ」の映像で「クレメンタイ」を川瀬某氏と歌います。澄み切ったソプラノ、完璧なハーモニー。余りの美声に感激で涙が出そう。

とてもとてもとても幸せな3時間を過ごしたのですが、ここから辛口です

 

 

「ユン・ソクホ ドラマコンサート」

これが今回のイベントの名称です。コンサートです。イベントに参加しているのは 全員韓ドラファン。クラッシック風なコンサートが退屈って感じるかたもいるかもしれません。でもね、私の4つ向こうの席のアジュンマ、演奏中、ずーーーーとだみ声で喋りっぱなしなのは如何なものか。

MCの爆笑会話に仲間内で盛り上がるのはまったくありだけど、演奏が始まれば静かに聴くのが マナーだよ。本人は声を潜めてるつもりらしいが それは私たちの普通の会話の声の大きさです。ものすごく耳障りです。

う~~、いらいらいらいらいらいらいら

日頃はは小心な私ですが、プラネタの「クレメンタイ」の時に一段と大声を張り上げたオバサンに思わず立ち上がり 「話し声が少し大きいんですけど。静かにしてもらえますか」と言ってしまった。

どきどきどき どきどきどき。

でも彼女はちょっと恥ずかしそうに「ああ ええ」って、その後静かにしてくれました。

よかったーー、ほっ。コインサートが終わって立ち上がった時、彼女と目が合ったのでにっこりしたら彼女も恥ずかしそうに にっこり。よかったよー。

コンサート演奏時の延々としたお喋りは厳禁。理解してもらえたかな?

| | コメント (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »