« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007年7月27日 (金)

はるかな尾瀬と花の至仏山ー③

尾瀬ヶ原の花  

クリックすると画像が大きくなります。

R0011608_1

おばけ水芭蕉

生活汚水が尾瀬湿原にも流れ込み、栄養過剰のお化け水芭蕉が出現しています。望遠なしなので上手く取れませんでしたが 花の終わった水芭蕉はただでさえ大きな葉っぱになってしまうのに、この水芭蕉の大きさは周囲の水芭蕉の2倍近くありました。

R0011643_1 トキソウ

朱鷺色の花弁が湿原の中で ひときわ目立っていました。

R0011624 咲き始めのグガイソウ。実際は4,5段です。9段のクガイソウは今まで見たことがありません。見た事のある方、ご一報を!

R0011677 これは 何の花でしょう (・・?

R0011680 多分 トリアシショウマ(ゆきのした科)

バラ科のヤマブキショウマと区別がつきません。

なんちゃって植物愛好家にゃんころりん。

| | コメント (10)

はるかな尾瀬と花の至仏山ー②

至仏組の友人からの花の画像を待つこと1週間。

映ってなかったそうです…なにも。

デジカメ使うの初めてだったので かなりがっかりしてました。他の6人は デジカメってなあに?って聞くくらい機械音痴ぞろい。類は友を呼んでしまった(私も相当な機械オンチ)なので花の写真は尾瀬のみ。来年 百花繚乱の時期に再び至仏山に登る口実ができました。

尾瀬ヶ原湿原の花たち 

 クリックすると大きい画像で見られます。)

R0011597

わたすげの花。

一面のわたすげが咲くのは尾瀬では2,3年に一度くらいの割合。今年は残念ながらはずれました。

 

R0011658 未草(ひつじぐさ)

未の刻(午後2時ごろ)に咲くから未草。朝10時くらいから花が開き始めます。湿原の小さな池でまどろんでいるようにおっとり咲いている花です。

R0011663_1 長葉毛氈苔(ナガバモウセンゴケ)

映りがイマイチですが毛氈苔の花です。小さく白い可憐な花ですが 実は食虫植物です。 

R0011600 言わずと知れたニッコウキスゲ。混雑が嫌いなので霧が峰も車山も時期を外すので一面のキスゲを見たことがありません。ぽつりぽつり咲くキスゲを見ると これから始まる夏のへの期待に胸が高鳴ります。

R0011618

大円葉白英(オオマルバノホロシ)一目で茄子科(笑)ビジターセンターで聞いたら「尾瀬茄子」と呼ばれているそうです。

はるかな尾瀬と花の至仏山ー③に続く

| | コメント (0)

2007年7月24日 (火)

ニャンコロリン・プラネタ

みーこちゃんの涙の訴えを無視し

時々アンサンブルプラネタに勝負をかけるワタシ。

でも実はまったくハモれません^^;

自慢じゃないが音楽は中学まで^^;(高校の選択科目は美術だった)

なのでプラネタのいろいろパートを一人で歌って重ね録りしたいけれど、

テープだと前の音が消えてしまう。う~ん どうしよう。

と色々さがしてみたら 見つけました。

YAMAHAプレイヤーズ王国

「君を乗せて・一人三部合唱 りくのみ合唱団」

でもワタシは携帯登録会員でさえ未だに登録できない超機械オンチ。

どうやったらこんな事ができるのか 訳がわかりませんが 

他の人ができてるんだから~と すごくイージーに取り掛かかってみます。

とりあえずMIDIってなんだろう (・・? (・・? (・・?

| | コメント (0)

2007年7月23日 (月)

幻のシンガー(笑)

プールでひと泳ぎし、鼻歌まじりで機嫌よくシャワーを浴びて 

髪を乾かしていたら、おばちゃまたちの会話が

聞こえてきました。(私もオバサンですが、ココは中高年の

うち高年おばちゃまが圧倒的に多いプールです。)

さっき2番シャワーで歌ってたの聞こえた?

すごく綺麗な声だったよね

セリヨーコみたいだったね~。

誰だろね?

もう いないかしら?(とシャワー室を覗きに行くおばちゃま)

あんな声の人もいるんだね~

  うっふっふっふっふ(^^)(^^)(^^)   

それはワタシなのだ~~!!\(^o^)/

この間、プラネタ聴き比べでがっくり落ち込んでいたのが一気に気分上昇。

(っていうか まあプラネタと勝負すること自体お笑いになるんだけど)

と喜んだのもつかの間、よーく考えたらシャワー室ってエコー効きまくり。

しかも歌ってたのは「3月9日@レミオロメン」のサビのところだけ。

(これは最近のワタシのテーマソングです・すごくいい曲)」

そりゃ綺麗に響くはずだ(笑)(笑)(笑)(笑)

ふたたび がっくり 。

ところでセリヨーコって誰 (・・? まさかオノヨーコの間違い?

| | コメント (2)

2007年7月22日 (日)

遥かな尾瀬と花の至仏山-①

R0011639  梅雨の晴れ間を狙って 尾瀬木道散策&至仏山ちょこっとハイクをしてきました。  鳩待峠で 至仏山組を見送ったあと、今日のお供・接写専門リコーのリコちゃんの電池を入れて、自然センターを目指します。地図で約1時間の道のりです。今回は花を接写するのが目的なので 望遠専門オリンパス・タッキーは置いてきました。が、これが後々祟りました。

クリックすると大きい画像が見られます。

R0011706 ビジターセンターではレンジャーさんがマンツーマンで尾瀬自然園を案内&開設してくれました。

尾瀬の成り立ちとか 汚水によるお化け水芭蕉の発生とか、野アザミの花下のねばねばは茎を登ってくる昆虫阻止の為とか、あれもこれも盛りだくさんで勉強になる話しばかり。

R0011649 その後 尾瀬ヶ原田代十字路目指して出発。

キスゲは咲き始めです。菖蒲菖蒲は終わりかけなのは 箱根湿生園と一緒ですが、わたすげ、毛氈苔、羊草 クガイソウ、キンコウカ(尾瀬と至仏山-②で写真をUPします。が 可憐な姿を見せてくれます。。R0011584_1

鳩待峠。至仏山組の下山が大幅に遅れ、私も木道だけだと歩き足りないので至仏山を目指してお出迎えにゆくことに。2時間くらい登った所にベンチがあり、そこではシオガマ、チングルマ、ウツボクサ、高根なでしこ(写真は尾瀬と至仏山ー②にUPします。)等の高山植物が咲き乱れているはずなので、そこで待つことにしましたが、ベンチの手前で合流(;_;)。ざ、ざんね~ん!梅雨明けにもう一度 至仏山の花に会いに行かなくちゃ。

R0011740_1 ビジターセンターへの山道の花

唐松草。登山道の両脇は唐松草と鳥足ショウマが咲き乱れていました。

R0011752 木道の下にひっそり咲いていたギンリョウソウ

R0011629 うつむいたまま。ミヤマオダマキ

| | コメント (0)

2007年7月20日 (金)

復活!!初代WALKMAN(うっそー!!)

P1010031_3 ↓の記事の初代SONY・WALKMANが な、なんと!!復活してました。

水没したのが日曜日の朝。復活は水曜日の朝。3日間ですね。

水出しし、通電するも 心電図がぴーーーっと途切れるように初代のディスプレイから文字が消えてしまい、諦めて2代目を買ったのは↓の記事の通りなんですけど、水曜日の朝、ふと初代を見ると、液晶画面に「コブクロ」の文字が!!慌ててイヤホンをつけると 何と、聞こえるではありませんか!!ハンドル回すと 過去のデータも全部生きてます。うっそーーーー!!!!

いやー びっくりした!!こんな事もあるんだ。あーー、でも2代目にもうデータ入れちゃったんだよね。もう返品できない(;_;)/~~~

ここで問題です。

①   あ~、もう少し様子を見てれば良かった。

     慌てて2代目を買ってしまって  もったいない事したわ。

②   ダメだと思っていた初代が生き返って、WALKMAN2個に

     なっちゃた。 ラッキー!!

      アナタは どちらですか?

ワタシは主婦なので 「ひえ~、もったいない!!」と思ってしまいます(^^)②みたいに思えると、これからの人生、楽勝みたいな気がします。②になりたいけど、まあ無理でしょう(だってワタシは節約&やりくりが合言葉;(^^));

初代復活で、我が家では「初代くん」から「ゾンビちゃん」に呼び名が変わりました。(ここの部分ブログに上げてたのに消えてます。なぜだ (・・? やっぱりゾンビ?)

         

| | コメント (2)

2007年7月18日 (水)

 ipod VS SONY & タッキーVSりこちゃん

P1010028_1 長年愛用してきた MALKMANが 水没してしまった!!あっという間の出来事でした。水没は100%修理不能になると聞いていたけど、一縷の望みを託して、水を出して通電。少しでも水分を蒸発させる作戦です。おっ、文字が浮かび上がってきたぁ~!音も聞こえる。やったー!!と喜んだのもつかの間、、横文字が一杯出てきて、ついに力尽きてしまった(;_;)うえええ~ん、うええ~ん、うええええ~ん。

がっくり落ち込む暇もなく2代目を探しに行きました。

Ipod_1

 

クリップ式ipod  1GB 9800円。

これは以前からいいなーっと思っていたんですよ。どこでも付けられて小さくて軽くてオマケにリーズナブル。でも SONYと比べると音質が格段に落ちます。SONYの音に慣れてきた耳には ipodの音色はツライ!なので 2代目もSONYに決定。

SONYは以前の型はもうなくて、少し改良?バージョンになっていました。1GB・13500円。2GB・17800円なり~。動画が見られるタイプにも心動かされましたが値段が3万円前後。こんな小さい画面で動画見てもしょうがないし、在宅WORKERの私には必要なし。

P1010032_3 ←買ったのはこれです。PCに取り込んでいたデータもすんなり移せました。ipodだとファイル書き換えしなきゃならないしね。でも これだけ ipodが主流だと、SONYMP3はベータビデオみたいな扱いになってしまうのかな (・・?

R0011549 ついでに デジカメもチェックしてきました。タッキーがCMしていたオリンパス使ってるけれど、接写弱いです。もう一台のリコー(貰った)は 接写はできるけど手ブレするし、望遠が出来ません。リコーの7倍ズーム&1cm接写が欲しいけど、WOLKMAN水没(涙)だし、当分2台で接写と望遠を使い分けます。

R0011548_1 貰ったデジカメ(リコー)で本@寺の紫陽花を接写してみました。こちらのデジカメはりこちゃんと呼んでいます。

| | コメント (4)

2007年7月16日 (月)

初夏の花々@南八ヶ岳ー③

Photo_321 裏縞躑躅。初秋の紅葉が有名ですが、花もかわいいですね。アリが蜜か花粉を取ろうとしています。コケモモみたいな花です。小さいけれどれっきとした「木」です。

Photo_323 満開のキバナシャクナゲ。これも躑躅科です。見れば おお躑躅の一種ねっと納得できます。「裏縞躑躅↑」は花だけだったら躑躅に見えませんね。後ろに見えるのは 赤岳。

Photo_324 峰桜(みねざくら)バラ科。6月頃咲きます。ヤシオや石楠花の盛りの頃に咲いています最初はなんで今頃桜が咲いてるの (・・?でした(^^)。後ろの山は権現岳。

Photo_327 南アルプス遠望。北岳も地蔵岳も見分けがつかなくなりました^^;

また登ってみたいです。P1010079_3

その前に5㎏は痩せるべきだね~

SBJMさん いつも素敵な写真、ありがとうございます~m(__)m





| | コメント (0)

2007年7月15日 (日)

タコハモル(笑)恐るべし、たこパパ

以前 GyaO歌ブログの記事を書かせてもらったポッポさんとたこパパさん。そのたこパパさんが この手があったか!というような意表をつく、「一人ハモリ」。ポッポさんの三日月に合わせて たこパパさんが一人でハモリ、それを同時再生するとぴたっと決まります。恐るべし、たこパパ!!ヘッドホンをつけ やや緊張気味のパパは 慎重に、そして丁寧に歌い始めました。Photo_328Photo_329

左にたこパパさん 右にポッポさんの画像を置いて 同時再生します。でもこれって結構テクニックが必要で、めんどうなんですよ。そしたらファンの方が同時再生した音源を作ってくれました。もちろんたこパパハモリパート単独だけでも充分聞き応えがあります。

↓ポッポさん三日月

http://www.gyao.jp/utablog/play.php?contents_id=uta0002596

↓たこパパさん 単独ハモリパート三日月。

http://www.gyao.jp/utablog/play.php?contents_id=uta0007108

↓ファンの方が作った同時再生。綺麗にハモっています。

http://tororo1112.hp.infoseek.co.jp/up_temporary.html

| | コメント (2)

2007年7月14日 (土)

初夏の花々@南八ヶ岳ー②

Photo_317

三つ葉黄蓮(ミツバオウレン)きんぽうげ科。夏の高山植物の代表格の一つです。群生して咲いています。風に揺れるさまは「可憐」です。Photo_318

同じくキンポウゲ科オウレン属の芹葉黄連(セイバオウレン)名前の通り葉がせりの葉そっくりです。こちらは春の花です

Photo_319

褄取草(ツマトリソウ)サクラソウ科ツマトリ属。え~、桜草の仲間なの?どうやって分類してるのか、不思議だ (・・?

花弁の周辺がほんのりした赤みで縁取られています。なので「褄取草」ほんのりピンクの縁取りは初々しい若い女性を連想させるから「妻取草」でもいいような(^^)

Photo_320 キバナコマノツメ。スミレの一種です(多分)名前の由来は葉っぱの葉脈が馬のヒズメに似ているとの説がありますが 確認していません。高根スミレに似ています。

Photo_322 白山千鳥(ハクサンチドリ)蘭科です。花を見れば一目瞭然な名前。白山で発見されたから 名前の冠が「白山」。色鮮やかで山道を歩いていると ぱっと目に入ります。

| | コメント (0)

初夏の花々@南八ヶ岳ー①

忙しくて気がつけば2週間更新ナシ^^;放置ブログ寸前です。

いつも植物の写真を送ってくれる山友達から初夏の花が届きました。せっかく迅速に送ってくれたのにUPが遅れてしまいました。当然花の時期がずれます。あ~、もったいない!自分のズボラさに腹が立ちます(出ますのまちがいだろー)

Photo_313  

舞鶴草

百合科です。名前の由来は 葉脈の緩やかな曲線が鶴の飛ぶ姿を連想させるから。地味ですが優雅な花です。

Photo_314

白山一花(ハクサンイチゲ)

きんぽうげ科の花です。よく似た花い一輪草がありますが、こちらは春の花です。 白い花弁に見えるのは実はホウです。あじさいと同じ作りですね。

Photo_315

イワウメ。

イワウメ科。礫地にマット状に広がって咲いています。とても小さい花です。

Photo_316 岩鏡。

おなじくイワウメ科です。実は 始めて知りました。そっか~。↑と同じ科とは思えないですね。どこで分けるんだろう (・・?

| | コメント (0)

2007年7月 6日 (金)

マニアックな昆虫観察会-①形状記憶加工するオトシブミ

P1010002_1

オトシブミが 葉っぱを巻いて産卵しています。

一つの葉っぱに卵は一つ。効率はよくないけれど 巻かれた葉っぱが住居兼食料兼擬態になるわけだから成虫になる為の環境はバツグンです。1時間くらいで1個巻いて産卵し、次の葉っぱに移ります。葉っぱも巻く前に充分吟味します。卵を産みやすい、または巻きやすい葉っぱがあるようです。

画像が悪いので栃木博物館から借りてきました。

Photo_297 葉っぱを巻いています。子供の命にかかわる作業だからオトシブミは真剣です。巻き終わった端もきっちり織り込みます。巻き込まれた葉っぱは広げても元にもどろうとします。形状記憶加工です。

Photo_298

真ん中の黄色いのが卵です。

孵化したら周りの葉っぱを食べて成長します。「お菓子の家」みたいですね。昆虫観察会はさすがに小学生の昆虫少年とその保護者がほとんどです。 女子大生は私一人なので ちょっと恥ずかしいです。(さりげなく書いてみました。ウソです^^;) 

Photo_307

うそつきは 始まりだよ

なんの?

老化の始まり

| | コメント (2)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »