« クワガタソウの名前の由来 | トップページ | パンダに会いにゆく。 »

2007年5月 5日 (土)

東照宮の牡丹

  昨年 筑波牡丹園で見た牡丹の美しさが忘れられず、今回は上野東照 の牡丹と根津神社の躑躅、できたら亀戸天神の藤を結ぶコースで出かけて見ました。東照宮の牡丹は……う~ん、筑波牡丹園や清水公園の牡丹を見た後ではね、規模が小さくて屋根その他が閉鎖的で ワタシはやっぱり 広々とした空のPhoto_245 下に咲く花が好きなんだなーーと実感。でも種類は多いかな。

雪の山

Photo_244

雪の山 UP

Photo_246 大雪

白い牡丹は「雪」の付く名前が多いのね。

P1010031 八千代椿

確かに椿みたいな花弁です。

Photo_247 胡蝶の舞

ワタシは典型的な牡丹が好きなので こういう変り種はイマイチです。でも珍しいので画像UP。

Photo_248

タイツリソウ。山で見たタイツリソウとは感じが違うんだけど、山のタイツリソウは別の花だったのかも。

Photo_253 牡丹にまつわる奉納俳句。ワタシも一句奉納してきました。此花咲姫の祠もあってちょっと嬉しいかった。「衣通姫」はさすがになかったけど(笑)女の子なら衣通姫(イツキ)ちゃんや万葉子(まよこ)ちゃんもいいなーと思ってたけど 生まれたのはマレー熊クマやモアイ像ゴリラサルみたいな男の子。この日はとっても暑くて、すごい人出。すぐに根津躑躅と亀戸藤は取りやめ。大好きな博物館に向かうも ダヴィンチ展で物凄い行列。ワタシの大好きな冷んやり静かな博物館は連休中は望めませんねーー。

|

« クワガタソウの名前の由来 | トップページ | パンダに会いにゆく。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クワガタソウの名前の由来 | トップページ | パンダに会いにゆく。 »