« 石裂山の花ー2 &月刊にゃんころりん | トップページ | クワガタソウの名前の由来 »

2007年4月28日 (土)

三韓時代と薯童謡とシュリーマン(笑)

月刊にゃんころりんになるほど忙しかったーー・なんで めちゃくちゃ忙しかったかというと韓ドラ「薯童謡(ソドンヨ)」に嵌ってしまったから(笑) チャングムと同じスタッフだけど 時代がねワタシの大好きな三韓時代なんですよ。百済新羅高句麗そして日本府任那。 いやー もうコレだけで 胸が躍りますわ。↓C0225831_47_20051103125246_3   

薯童謡は 朝鮮最古の歌謡で 日本で言うと古事記ってとこかなー。歌謡集だから時代は違うけど梁塵秘抄ってとこからしら。その中で謡われているソンファ姫と薯童(長いも売りの子供)の故事を元に作ってるんだけど  三韓時代の百済の武王をモデルにしてるのよね。王権覇者の国取り物語も、遥か昔に胸躍らせた記憶があるんだけどねー。(腐っても史学科、しかも東洋史(笑))白すき江の戦いで倭国 大兄の王子が朝鮮半島経営から手を引く前あたりの時代ですね。。

韓国最古の謡曲・薯童謡(ソドンヨ)に乗せてのドラマチックな展開はもちろんの事、騎馬民族の象徴 ズボンとベルトも百済人に着せているしね。戦闘シーンは ずいぶん前に見た映画「敦煌」の城砦攻防を思い出します。うんうん 古代なら あの戦闘方法しかないだろう。そして オンドルの発明だの 開墾用や戦闘用の鉄や刃がねの開発など百済の技術者集団の頭脳の高さも凄いしねー。今で言うならNASA開発集団とかね。

小学生の頃から歴史が好きだったのは その時代の庶民が実際に生きて死んでいって その証拠が文字に書かれたり発掘で当時の日常生活の道具が出てきたり、非常に不思議な玉手箱のようでしたね。そして中学生になったばかりのある日、シューリーマンの伝記を読んでしまった!!

子供の頃に聞いたホメロスの抒情詩からトロイの存在を確信し、貿易の世界に身を投じて財をなし、そのご考古学者に転じて、ついにトロイの遺跡を見つけてしまったシューリーマン。単純かつ素直な中学生は「日本のシュリーマンになるだ!!」とすんなり熱く決心してしまった(笑)。今はシュリーマンに成れなかったパートのオバサンだけど、子供の頃の血湧き肉踊る遥か古代は いくつになっても魔法の玉手箱ですわ~♪

P1010088 ソドンヨで忙しいお母さんに代わってみーちゃんがお掃除しました。

きれいになったよーー。

|

« 石裂山の花ー2 &月刊にゃんころりん | トップページ | クワガタソウの名前の由来 »

コメント

にゃんころりんさん、こちらにもお邪魔します。

にゃんころりんさんは歴史好きなのですね。
確かに映画もドラマも歴史背景が解ってれば何十倍も感動が大きいでしょうね。
子供の頃に出会った書物や、体験は大人になっても大切な宝物ですよね。
だから・・・
子供たちには「どこかに感動が転がってるかもしれない」と、色々なきっかけを作ってるつもりなんだけど…。
(と、思わず母の顔です)

投稿: 枝っち | 2007年4月28日 (土) 09時37分

お久しぶりです。
シュリーマンに反応。
学生時代の専門は穴掘りでした。 もちっと古い時代が対象でしたが。

ところで、「アンサンブル・プラネタ」ってご存知ですか? 女性グループなんですけど、ちょっとはまりかけてます。

投稿: エルデ | 2007年4月28日 (土) 16時21分

枝っちさん 
そうなんですよー、
ワタシは小学低学年からなんとなく歴史のお勉強が好きだったけど 決定打は中学1年の時のシュリーマンとフェニキア人とヒッタイト人。

でも歴史って趣味で充分。どうせ学費をかけるのなら もうちょっと仕事に直結させたかった…(笑)

子供は健康で自分でのメシの種を拾える子になってくれたらそれでヨシとしています。
部屋の掃除をちゃんとしてもらうことが 今の最大の希望なのです、はぁあ、情けない。

投稿: にゃんころりん | 2007年4月28日 (土) 18時22分

エルデさん こん@@わ
最近更新がないので どうしてるかなっと思っていました。(ってお店行けよ、自分!そして話を聞くのだ。でも6kgも太ったから 恥ずかしくって顔出しできない)

えっ、もう少し古い時代というと あの辺りですよね(笑)貝塚とかイロイロ。それともシュリーマンだからヨーロッパですか?
ワタシは学生時代に博物館のアルバイトで土器の発掘と土修復してました。

「アンサンブル・プラネタ」ありがとうございます。う~ん嵌りそうな予感が~♪
情報ありがとうございます。

投稿: にゃんころりん | 2007年4月28日 (土) 19時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 石裂山の花ー2 &月刊にゃんころりん | トップページ | クワガタソウの名前の由来 »