« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月

2006年6月23日 (金)

合唱の楽しみ?

市民講座「合唱指導」

いきなり楽譜渡されて、えーーと、えーーーと、と音を取ってると

隣のオバチャマが初見でいきなりハモり始めた。

♯とか♭とかいっぱいあるんだよ ;;

私なんて ハ調読むのにいっぱいいっぱいなのに  ;;

前のオジチャマも 声量たっぷりのテノールでハモりだした 。

うむむむ、音大出身でもないし~、高校の選択科目は美術だったし~

とあせりながら 主旋律を拾うけど、引っ張られたまんま ^^;

あせあせあせ、えらい所に来ちゃったよ~。

帰る道みち オバサマたちのお話を聞く。

お若い頃は舞台で歌っていたおばちゃま。お嬢さんはオペラ歌手。

本当は声楽科に行きたかったが ピアノを専攻したオバチャマ。

この窮地をどうやって乗り越えよか。

答えは簡単。赤っ恥にゃんころりんのまんまでよろしい。

出来が悪いと、その道の先輩たちが親切に(あきれて?)色々教えてくれますからね~。

P1010138_1   

カーロ・ミオ・ベ~ン♪

P1010085

ぱちぱちぱち。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月22日 (木)

刺抜き地蔵・おばあちゃんの原宿

P1010048_1

メトロポリタンケーキバイキングの後は

なぜか巣鴨の刺抜き地蔵に行ってきました。

P1010046 いろんなお見せがいっぱい。子供の頃の夜店みたい。おばあちゃんの原宿とはうまい事言ったもんだわ~

P1010056 こんなものまで売っています。

巣鴨商店街のすごさは 徹底したバリアフリー。そりゃお年寄りが集まるんだけど、公的機関じゃこうはいかない。段差ナシ、道の両端には椅子もある。お店の人も露天のおにいちゃんも当たり前に親切。

P1010053 からくり時計。

車椅子も見かけたけど、お年寄りが過ごしやすい町は障害のある人にも優しい町。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月21日 (水)

メトロポリタンケーキバイキング

P1010037

またしてもケーキバイキングに行ってしまいました。

池袋メトロポリタンケーキバイキング

90分1500円。

P1010035

お昼にカレー食べて、2時半からのケーキバイキングはキツイな~と言いつつ、しっかり食べてます ^^;

P1010039

やっぱりケーキは別腹なのね。

アイスクリームも別腹

P1010040 果物も別腹。

これで1500円て、お値打ちモノ。

それに時間制限90分とはいえ自己申告で混んでなければお店の人は 煩い事は言いません。見晴らしも抜群だしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月18日 (日)

誕生日のプレゼンツ

710101_000000_42_2 誕生日に欄の花を貰いました。

いまさらめでたい年でもないが、お花のプレゼントはやっぱり嬉しい♪

710101_000000_58

お誕生日おめでとう。

プレゼントは

肩たたき券とおそうじ券よ。

710101_000000_60  シッポでおそうじ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月11日 (日)

全てはヒマラヤから始まった!

NPO法人山の自然学クラブ主催

日本ネパール国交樹立50周年記念公演会

「すべては ヒマラヤから始まった!」に行ってきました。

講演内容は

①基調講演

酒井治孝先生(九州大学大学院比較社会文化研究院環境変動部門教授)

資料

「ヒマラヤ山脈の成り立ち」

「ネパールの農業と農民の生活」

「自然災害」

「ネパールヒマラヤの水資源」

②ネパール民族舞踊と解説

岡本マルラ有子氏(和光大学講師、ネパールソンギートに親しむ会代表)

資料

「ネパールの民族芸能文化」

「標高差が生み出す舞踏の違い」

③講和

ブルナ・ラタナ・サキャ氏(東京外語大講師、学術博士)

資料

「言語文化の十字路ネパール」

4時間にわたる公演でしたが 充実した内容で、あっという間に時間が過ぎました。

続きを読む "全てはヒマラヤから始まった!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月10日 (土)

京都食い倒れ スイーツ編

710101_000000_81

おなじみ「おたべ」蕨餅入り。喉越しが良くて夏向き。餡にイチゴだのチョコだのありますがオーソドックスに餡子。黒ゴマも美味しい。あっという間に家族が食べた。

710101_000000_74

あじゃり餅。歩きながら食べます、京都のお菓子の中では2番目に好きです。

710101_000000_82 羊羹・月影

地域限定についつい手が伸びた。

胡桃入り。薄く切って、渋いお茶と一緒に。

710101_000000_71

竹水羊羹・家族が完食。

お母さんも食べたかったのに~

食べ物の恨みは怖いからね!!

Photo_119

出町柳の豆大福。

いっぱい並んでました。

美味しかったよ~

Photo_120 おなじみ雲竜。大好物で。

うふうふ、しあわせ。

   

Sanjo_1 番外 よーじやのカプチーノ。

飲み損ねました~!

よーじやのカプチーノはまたチャレンジだわ。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006年6月 9日 (金)

京都食い倒れ③ 御所~銀閣寺・哲学の小径

710101_000000_26 たん熊朝粥。

主婦が朝お粥を食べようと思うと、うんと早起きが必要。朝起きたらお粥に小鉢が一杯。天国ね~。葛かけもいいけど ここはすっきりお粥だけ。二日酔いの胃にも優しい。

710101_000000_38 ホテルから御所を抜けて今出川へ。

事前に申し込むと内覧できます。

私たちは時間の関係でパス。残念。

710101_000000_09

銀閣寺から、哲学の小径へ。

かつてこの疎水べりに住んでいました。

710101_000000_10 当時住んでいたアパートがまだあった!!

ここから疎水べりを自転車で走っていた。哲学の哲学の小径は私にとって生活道路だったんですよ。今思えばすごく贅沢で優雅ですね。

710101_000000_86 同窓会はホテル中華飯店で。挨拶やお喋りに忙しく画像ナシ。海鮮コースです。どれ食べても ウマイ!!

←修行中のお坊さんが、塀を乗り越えて食べに行くほど美味しいスープ。薬膳スープは一壷万単位らしいが、こちらは大ぶりな鮑と茸。美味しゅうございます。画像がなくて残念だけど、四川なのに辛すぎずめっちゃウマです。一回食べてください。

710101_000000_68_2 デザート・めっちゃうまマンゴプリン。友人が残したのでありがたくいただきました。

私たちのテーブルは食いしん坊が集まっていたのでお料理はすべて完食。隣のテーブルは大皿の半分が残っているではありませんか。となりのテーブルのお嬢様たちは、小食なのね~。あの美味しいホタテ、カニ、前菜の野菜、ぜ~んぶゴミ箱行きです。非常に心が痛みました。そういえば女子寮時代に ゴミ箱に捨てるならにゃんころりんの胃袋にと言われておりました。それでもジーンズは25(!)インチだったんだよね。はぁぁぁ~(遠い目)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都食い倒れ②木屋町蕪屋創作懐石

せっかく6月の京都、手頃な値段でハモを食べたい、手頃な値段で懐石が食べたい、しかも夜(ランチは安いけどね)しかも祇園界隈で、しかも美味しくなくちゃイヤ!!

主婦はほんとに怖いもの知らず。主婦の野望は果てしなく続きます。

祇園なら芋棒やおめん四条店もあるけど、今回は木屋町蕪屋創作懐石料理3990円。

HPプリントして10%OFF。またしても大当たり~!

060418_200832_02

先附・豆腐の味噌漬け

無花果生ハム乗っかってます。

豆腐大好き。美味しゅうございます。

060418_201200

御造り 鮪、鯛。

京都とお刺身ってあんまり結びつかなかったけど

京阪神には明石があったんだ。

御造りは蛸でもよかったな~でも美味!

Photo_47

御椀・加茂茄子餡かけ

出た!加茂茄子。京野菜大好き~野菜嫌いの友人の分もいただく。好き嫌いの多い友人は持つべし!

060418_202635_02

御凌ぎ・蕎麦の実とろろ。

ぷちぷちぷち。

蕎麦嫌いも、蕎麦アレルギーもいない。

誰も残さないわね。

060418_204249_02

焼き物

鮎の風干しハーブ焼き

まさか鴨川の鮎?吉野川の鮎?王朝貴族にとって鮎はご馳走でした。

Photo_48

小鉢

冷たいt茶碗蒸し。

じゅんさいが乗っています。みどろが池のじゅんさい?まさかね ^^;

Photo_49

替皿

水無月仕立てのチャンプルチャンプルって炒め物じゃないの?これなんだろう?

Photo_50

鱧のマリネ。

鱧大好き。少し時期が早かった.。祇園祭のニュースを聞くと鱧が食べたくなる。湯引きして 冷たいお澄ましにして食べたいな~

Photo_51

五目素麺。

何も言わなくても関西風の薄味で出てくる。

うれしいな~

デザートに蕨餅のクレープが出ました。う~ん ちょっとね~。すっきり蕨餅だけにして欲しいわ。できたら濃茶でね。

主婦の贅沢って これだけ小鉢が次から次へと出てきても、後で山のような小皿、小鉢を洗わないで済むことです(^^ )。いくら食器洗浄機があっても 洗う事考えたら美味しさ半減。

6年ぶりに 食べるわ飲むは喋るは、一瞬で学生時代のお嬢ちゃんに戻りますね。ほろ酔い加減でカラオケ行って、ホテルに戻ってまだお喋り。同窓会は明日なのにね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 8日 (木)

京都食い倒れ① 清水寺~八坂神社・祇園

京都一日目の昼食は 「順正 清水支店」の豆腐料理か 銀閣寺「おめん」と決めていたけど、朝6時半に家を出た私たち、京都駅に着いたらめっちゃお腹空いた。「なんでもえーから食べよ」という友人。私もハラペコ。暑いし、冷やし中華が食べたい。ということで、京都駅ビル京都拉麺小路「宝屋」へ。

060418_134243_02

冷やし中華ゴマたれ。大当たり~!!

実はゴマタレ苦手なんですがこれは うまい!!

酸味が強くて ゴマたれにありがちな甘みがないです。麺も細くてタレとよくからむし、麺の下に氷が敷いてあって食べ終わるまでひんやり冷たいのもGood。お代わりしたいよ~。が ここはぐっと堪える。だって今日一日あれもこれもあんなんもこんなんも、ぜ~んぶ食べるんだもんね。京都にいる間だけでも胃袋が4つくらい欲しい!

お腹も落ち着いた事だし、206のバスに乗り 清水寺のある五条坂へ。五条坂から清水さんの道は修学旅行生でごった返す。

060418_145032_1  す、すごい!!

  お土産やさんで財布発見。修学旅行生のものだ。お店の人に届ける。今頃必死で探してるだろうなあ可哀そう~。

東山区駅近くのお勧めコースは「銀閣寺~哲学の小径~南禅寺・蹴上を抜けて青蓮院~白川の疎水べり~八坂神社石段下。」でも今回は大阪奈良からの友人と携帯で連絡しあって合流という事なので清水寺から三寧坂二寧坂を抜けて八坂・長楽館あたりで落ち合うようにコースを決める。

060418_163132_02

参道から一歩抜けると静かな通り。

高台院・秀吉の妻ねねの隠居所

Photo_46

三寧坂のネコたち

←クリックしてぜひぜひ大きい画像で見てね!

060418_160805_02

よーじややイノダコーヒーがありました。

ラッキー。四条本店まで行かなくてすむわ。

あぶらとり紙買いましたた。

060418_163754_02 待ち合わせの長楽館。円山公園。

衣笠山の堂本印象美術館と長楽館は

京都に住んでいた頃から お気に入り。

百万遍の進々堂もよく行ったっけ。

今出川のほんやら洞はどうなってるかな~。

060418_165631_02

長楽館では 例によってチョコパフェ、ケーキのスイーツだらけでしたがあまりの量に掲載割愛!大人のチョコパフェ。銀座マルコニーニのパフェ、圧勝。その後、蹴上の友人宅にて都ホテルスペシャルスイーツ食べ比べ。あまりの量に掲載割愛。

060418_182558_02 八坂神社と石段。

ここから祇園や木屋町、

四条川原町に続く。

なつかしゅうございます~

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 6日 (火)

ムジカ・レガーロ・音楽の贈り物

6月4日(日)地元の音楽家のよる室内音楽コンサートに行ってきました。

ブラームス/ 絃楽六重奏曲 第1番 変ロ長調Op・18

バッハ/ブランデンブルグ協奏曲 第5番 ニ長調 BWV・1056

モーツアルト/ピアノ・クラリネットとヴィオラのための三重奏曲

        変ホ長調Kv・498(ケーゲルシュタット・トリオ)

Mt01_2

マリー・アントワネットの音楽会

いいですね、こういう室内音楽会

前日夜遅く京都から帰ってきたばかりの私。寝そうだな~、寝るだろうな~。ブラームスは熟睡かも…。昨年末ショパンコンクール優勝者によるクリスマスピアノコンサートで、不覚にもいびきかいた私。今日はうとうとだけにしておかなくちゃ。

バッハでうとうと、モーツアルトで目が覚め、楽しみにしていたブラームスでまたしてもうとうと。演奏家の皆様ごめんなさい!!ここ3日間強行軍でろくに寝てないんです~(言い訳)

私は大ホールのオーケストラより、こういう小さな手作り演奏会のほうがしっくりきます。どの演奏も情感あふれ、管絃の音色の美しさを堪能しました。ドレスもコンサート会場の光に映えて綺麗!(こういうときに単なる黒のドレスは舞台栄えしません。)こういう部分も手を抜かず、優雅な気分にさせてくれるのはさすが!です。今度はヨーロッパの音楽サロンのように、、優雅にお茶を飲みながら演奏を聴いてみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 2日 (金)

鰻 関東風関西風

坂東太郎ブランド鰻を扱うお店があると聞いて 

鰻好きの私、早速出かけてきました。

060413_151013

鰻巻き 680円

卵が甘いです。ちょっと意外。

鰻巻きの卵焼きってダシ巻きじゃないの?

鰻のたれが甘くて、卵まで甘いとちょっと…

060413_152623

鰻重。肝吸い付き1600円

肝吸い、お漬物

お味です。関東風のさっぱりした鰻は どうも苦手です。

麻布野田岩の評判高い鰻も、さっぱりしすぎて癖のない川魚を食べてるみたいでした。(白焼きはさすがに超美味)神田菊川の鰻のほうが好みです。

今日の坂東太郎鰻ですが、関東風の鰻に慣れている人には美味しいだろうし、

値段もかなり良心的。お漬物も美味しかった。

でも関西ふうのこってりした、焦げもついてる鰻が食べたい!!!!

それから、鰻巻きの卵が甘いのは絶対に許さん!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 1日 (木)

薔薇園へ行ってきました♪

060413_162017

薔薇のアーチ。すごく綺麗

遠くからでも目立ちます。

060413_161951 

んまあ!!

こんな名前の薔薇

絶世の美女

060413_163648

と思ったら、

愛子様の薔薇が。

画像は↓がクリア。

060413_163700

可愛い愛子さまにぴったり。

愛らしい薔薇ですね。

060413_165006

まあ こんな薔薇も。

もちろん美智子皇后様。

イギリス訪問の時に美智子様に捧げられた薔薇。

美智子様のお若いときのお写真を拝見すると、美女と言うには恐れ多いが本当にお綺麗です。

060413_163526

砂糖細工のような薔薇。

うっとり。

いい香り。

060413_172411   

駐車場のカモ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »