« キャット | トップページ | トップオブシナガワケーキバイキング »

2006年5月26日 (金)

マニアックな植物観察会2躑躅(園芸種)

060430_124910_2

花の中央に赤い斑点が集中しています。

この斑点は、花粉を媒介する昆虫の目にはかなり目立つ

お印になるそうで、この斑点を目印に昆虫が飛んできます。

雌しべが上向いていますね。咲いてから時間のたった(若くない)花です。

060430_124945_2

雌しべが下のほうに見えますね。

咲いたばかりの若い花です。

うまく写真が取れなかったのですが短いおしべの奥に

蜜の道があります。

おしべを指で とんとんと叩くと、おしべの頭から花粉が出てきます。

昆虫がきたと錯覚して受粉 のために花粉を押し出します。

これだけ精密な生殖のためのメカニックを持ちながら、

園芸種の躑躅は結実しません

挿し木でどんどん増やしているうちに 生殖能力が退化したんですよ~。

野生の躑躅(どうだん躑躅など)は結実します。

ううううむむ。

甘やかされたドラ娘ですね。タンポポのツメの垢でも飲ませてやりたいですね。

といいつも 生殖能力が退化するまで手をかけたのは人間ですから躑躅に罪はありません。

060430_134621

ごまのはくさ科のなんだったけ?

060430_140044 

葱坊主。

たんぽぽと同じく多数の花が集まったものです。

|

« キャット | トップページ | トップオブシナガワケーキバイキング »

コメント

ミニ尾瀬公園と上三依水生植物園のページを見ていただいて有り難うございました。
ちょっと遠くでしたが、新しい花にも出会え高い雪の壁も見られて良かったです。

にゃんころりんさんは彼方こちらとお出かけのようですが、最近は病気を忘れたようですね。
良かった良かった。
胃の方は大切に。

この薄紫色の花はムラサキサギゴケだと思います。

投稿: NORI | 2006年5月27日 (土) 14時26分

のりさん、わざわざお出ましいただいてありがとうございます。

病気は落ち着いていますが、さすがにもうまとまった距離はあるけません。今年の夏はミニ尾瀬にしようかと主人と相談しています。

山の代わりにダイビングも考えています。
おてんば体質は直りそうもありませんネ。

紫さぎごけ 教えて頂いてありがとうございました。

投稿: にゃんころりん | 2006年5月27日 (土) 16時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/70342/1890252

この記事へのトラックバック一覧です: マニアックな植物観察会2躑躅(園芸種):

« キャット | トップページ | トップオブシナガワケーキバイキング »