« 彼女を信じないでください | トップページ | 人桜 その後 »

2006年4月 5日 (水)

千の風になって

Photo_65 女声合唱団の見学に行きました。

そこで聞いたのがこの曲。

二部合唱・天使の歌声でした。

さっそくCDゲット。新井満さんのソロより合唱のほうがこの曲には合ってるような。原作詩英語版、新井さんで聴いてみたいですね。

私のお墓の前で 泣かないで下さい。そこに私はいません。眠ってなんかいません。

*千の風になって 千の風になって あの大きな空を吹き渡っています。

秋には光になって 畑に降り注ぐ。冬はダイヤのように 煌く雪になる。

*朝は鳥になって あなたを目覚めさせる。夜は星になってあなたを見守る。

私のお墓の前で 泣かないで下さい。そこに私はいません。死んでなんかいません。

*千の風になって 千の風になって あの大きな空を吹き渡っています。

*千の風になって 千の風になって あの大きな空を吹き渡っています。

歌詞の内容も知らずに合唱に聞きほれていました。さびの*部分を歌ってみました。(私は音痴!(^^)!)「お墓」とか「死」とかのダイレクトな言葉は歌っていて 違和感があります。自分で歌うときにはここだけ言葉を変えるとか原詩の英語にかえてみるとか。なだらかで合唱向きの綺麗な曲です。

|

« 彼女を信じないでください | トップページ | 人桜 その後 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/70342/1291841

この記事へのトラックバック一覧です: 千の風になって:

« 彼女を信じないでください | トップページ | 人桜 その後 »