« 金田正一大投手 | トップページ | 銀座コマダムDAY・端午の節句編 »

2006年4月30日 (日)

マニアック植物観察会その1・たんぽぽ

060430_132434 近くの公園で植物観察会。

ただし、ちょっとマニアック。

たんぽぽ キク科 花びらは100~300.これは132枚。少なめの花弁。

060430_133037 たんぽぽの花が綿帽子に変わる過程。

右。花弁の下に綿が。真ん中。上側は終わった花。下の綿帽子の部分が膨らんでいる。

←↓↑クリックして大きい画像で見てね。

左。子房と綿の間の柄が伸びる。丸く開いて 飛んでゆく。(↓左下の写真 左側)

060430_131959 ←↓クリックして大きい画像で見てね。

花が咲いている時、茎は立っている。(右)

      ↓

      ↓

060430_134159

花が終わって種を成熟させる時、横倒しになる。

      ↓

      ↓

060430_132359 成熟が終わったら、また立ち上がり、茎が伸び始める。

      ↓

      ↓

060430_131959

上部が開いて 丸い綿帽子に(左)

      ↓

      ↓

この後茎はどんどん伸びて行き、生育環境の不利な場所(日陰であるとか背の高い植物に囲まれるとか)だと 1メートルを越えることもある。体長1メートルのたんぽぽ。いきなり見つけたら突然変異かと思っちゃいますね。

ふわふわした綿帽子だけれど、息を吹きかけた位じゃ飛びません。中途半端な勢いの風だと種が遠くまで飛ばず、種の保存としては効率が悪いんですね。植物は時にドライなほど合理的です。

|

« 金田正一大投手 | トップページ | 銀座コマダムDAY・端午の節句編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/70342/1624986

この記事へのトラックバック一覧です: マニアック植物観察会その1・たんぽぽ:

« 金田正一大投手 | トップページ | 銀座コマダムDAY・端午の節句編 »